ジャニーズ事務所の「Jr.制度改正」を分かりやすく解説 22歳以上でも事務所との合意があればJr.は続けられる

ジャニーズ事務所が16日、ジャニーズJr.の活動制度に一部改定を行う旨を公式サイトで発表した。

何が変わるのか?

公式発表された全文は長いので、要点だけ抜き出してみよう。

この度、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました。具体的には、満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします。

現状において、上記適用開始日に22才以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております。

これまで本人の自由意志で進退を決定。

今後 22歳で事務所との話し合いの場が設けられ、双方合意に至らない場合は活動終了(退所)となる。

 

制度の改定に至った理由をジャニーズ事務所は、こう説明しています。

  

皆様の温かいご支援のおかげで、ジャニーズJr.の制度が誕生した当時では考えられないほど多くのタレントがデビューし、多岐に渡る活動の機会をいただけるようになったことが、ジャニーズJr.達の日々の活動の希望となっております。

しかしながら、昨今においては、このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました。

  

  

  

ジャニーズファンの声

  

ツイートを引用させていただきました皆様、Thank You!