KinKi Kids・堂本光一がV6の解散報道にコメント「次は俺らと言われていますが大丈夫だから!」

KinKi Kids堂本光一が3月13日、帝国劇場で上演中の舞台『Endless SHOCK -Eternal-』のカーテンコールで、V6の解散報道について触れる一幕があった。

V6の解散で再びクローズアップされた「25周年鬼門」説

近年、ジャニーズのグループに関しては、「25周年は鬼門」だとささやかれてきた。そんな中、6人全員で25周年を迎えたV6は「奇跡」と評されていたが、26周年でピリオドを打つことに。

「1985年にデビューした少年隊は解散こそしていませんでしたが、グループの仕事自体は2008年以降ストップ。25周年を迎えた2010年も特に活動せず、昨年の30周年で、錦織一清と植草克秀が退所しました。また、SMAPはデビュー25周年だった16年末をもって解散。TOKIOは強制わいせつ事件の発覚を受けて、18年に山口達也が脱退。19年に25周年のタイミングがやって来るも、音楽活動は休止状態でした。さらに、今年3月末をもってボーカルの長瀬智也が事務所を辞め、今後は裏方に転身すると発表。4月1日より、城島茂、国分太一、松岡昌宏はジャニーズグループ関連会社として設立した『株式会社TOKIO』を運営していきます。グループの形は残るものの、TOKIOとして音楽活動は行わない方針のよう。V6も今年で解散となると、25年を超えてもなお精力的に活動できているグループは、もはやゼロです」(ジャニーズに詳しい記者)

そんな中、ネット上ではKinKi Kidsに心配の声が上がっている。デビューはSMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐……という順番であり、KinKi Kids以外は事実上の解散、または活動休止中。そのため、ジャニーズファン以外からも「V6もTOKIOもいなくなったら、キンキはどうなるかな……」「今残ってるのはキンキぐらいか。このまま続けるのかな?」といったコメントが相次いでいる。

引用:サイゾーウーマン

  

   

堂本光一「大丈夫だから!」

  

ツイートを引用させていただきました皆様、Thank You!