ジャニヲタ用語『タキる』に医療従事者が困惑 「脈拍が上がるって意味じゃないの!?」

各業界や界隈には、それぞれ独特の用語が存在するが、最近ネット上にしばしば登場する「タキる」というジャニヲタワードに、医療従事者が困惑している。

医療業界の「タキる」

  

医療系で使われる「タキる」は、呼吸や脈が早くなることを指す。

頻脈(ひんみゃく)を意味する英語「tachycardia(タキカルディア)」に由来する。

・頻脈は脈拍数が100/分以上と定義。

・正常範囲は60~80回/分が基準。

  

  

ジャニヲタ界隈の「タキる」

  

ジャニーズ界隈の「タキる」は2019年、テレビ朝日の新語爆誕バラエティー『オギャブラリー』で生まれた言葉。

タッキーこと滝沢秀明氏は、この年ジャニーズ事務所傘下に新たに興された関連会社・ジャニーズアイランド社長に就任。更に同年9月27日付の新役員人事にてジャニーズ事務所副社長に就任している。

ジャニーズJr.の人気グループ・HiHi Jetsの井上瑞稀、猪狩蒼弥、髙橋優斗はそれを取り上げネタにしたわけだが、直談判した3人の度胸と、OKを出した滝沢氏の器の大きさは、ただただ凄い。

  

タッキー動詞にすなwwwwww

  

医療現場で働くジャニーズファンも多いと思うが、職場で「タキる」を耳にした時、吹き出さないよう注意して欲しい。

  

ツイートを引用させていただきました皆様、Thank You!