東京新聞の望月衣塑子記者がパロディ動画をソースに旧ジャニーズ事務所批判をPOSTし大炎上

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ東京・石川一郎社長の定例会見が10月26日に行われ、旧ジャニーズ事務所(現SMILE―UP.)の性加害問題について、同局の社員やOB134人に対するヒアリングに基づいた検証結果を公表した。

この結果を受けて、東京新聞の望月衣塑子記者が翌27日、Xに次のようなPOSTを行い炎上しています。

問題のPOST

<全文>

引用: X (旧Twitter)

問題になっているのは、「NHKはハワイ取材などを基に『プロフェッショナル』でも大野智氏を取り上げている」という文言と、リンク先のYouTube動画。

望月記者が紹介しているURLの先には、一見『プロフェッショナル仕事の流儀』かと思えるような動画があります。

引用:YouTube

しかし、この動画は個人製作によるパロディーコンテンツ。

動画のラストと概要欄にその旨が表記されています。

◆動画のエンディング

◆概要欄

引用:Youtube

  

  

そして、コミュニティノートでも指摘されているように大野智さんがNHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』に出演したことはありません。

望月記者のPOSTは返信できるユーザーが制限されているため、多くのXユーザーが引用という形で間違いを指摘していますが、2日経過した現在も尚、該当POSTは削除されず、訂正や謝罪も行われていません。

このような事態にXユーザーからは、「ファクトチェックもできない人がジャーナリストや記者を名乗る資格なんてないと思う」「何故にこの人は記者を続けていられるの?」など数多くの批判の声が寄せられています。