Travis Japanがロサンゼルス「二世週日本祭」のパレードに降臨 吉澤閑也も元気な姿を見せる

アメリカ武者修行中、心身ともに体調不良となり7月下旬から休養していたTravis Japan(略称:トラジャ)の吉澤閑也くんの活動再開が8月13日、ジャニーズ事務所から発表されていましたが、8月15日(現地時間:8月14日)ロサンゼルスのリトル・トーキョーで行われた『二世週日本祭』のグランド・パレードにメンバー7人全員で登場。

復帰後初となる仕事で、吉澤くんが元気な姿を見せてくれました。

現地の様子

補足:吉澤閑也くんの現状

ジャニーズ事務所発表によると、「右すねの疲労骨折の悪化したことによる腱鞘炎は回復傾向」にあり「環境の変化に起因する適応障害は症状が安定」しているものの完治には至っていない。

よって、活動は再開するが「仕事の内容に応じて段階的に行なう」としています。(※当面、吉澤くんの参加しない活動もあり)

  

  

二世週日本祭は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスにある日本人街「リトルトーキョー」で毎年8月に催される伝統あるお祭で、Travis Japanの出演はKAT-TUN(2005年)、 少年(2019年)に続き3組目。

尚「リトルトーキョー」には、故・ジャニー喜多川さんの父・喜多川諦道(きたがわ・たいどう)氏が主監(代表)を務めていた高野山米国別院があり、ジャニーさんはこの地で生を受けています。

生前、ジャニーさんは 少年を『二世週日本祭』に参加させる意味について、「日本のいいところを絶対知ってもらいたいし、パレードに参加することによって一気に知名度上がりますから。これからも外国にどんどん出て行ってほしい。元号が(平成から令和に)変わりますが、それ相応に世界のどこにも負けないくらい(ジャニーズも)新しくなってほしいと思いますね」と語っていたそうですが、WOD(World of Dance)やAGT(アメリカズ・ゴット・タレント)で快進撃を続けるTravis Japanが、その夢を叶える日も近いかもしれません。

  

ツイートを引用させていただきました皆様、Thank You!