浜中文一の母が『ザ・パンデモニアム・ロック・ショー』大千穐楽で爪痕!ジャニーズファン「文一ママもロックだった」

中山優馬くん主演、そして浜中文一さんが出演するロック☆オペラ『ザ・パンデモニアム・ロック・ショー』が10月11日、大阪の森ノ宮ピロティホールで大千穐楽を迎えました。

この日の客席には、浜中文一さんのお母様の姿が。

カーテンコール、浜中文一さんが行った挨拶を契機に、お母様が大注目を浴びる事件が勃発したようです。

『ザ・パンデモニアム・ロック・ショー』 あらすじ

1966年6月30日、ザ・ビートルズの来日に日本中が沸いていた。

中学生の楠瀬涼(中山優馬)は隣に越してきた“お姉さん”荒木三枝子(玉置成実)にROCKを教わり、次第に夢中になっていく。

三枝子が人気のグループ・サウンズ「ザ・カニバルズ」のボーカル・野村正嗣(浜中文一)と付き合い出し失恋をした涼はますます音楽にのめり込む。

時は1973年、20歳になった涼は山下勝也(水田航生)、岡島大樹(汐崎アイル)、伊丹俊介(小松利昌)、真柳満(山岸門人)とロックバンド「THE REASON」を結成し、若者から熱狂的な支持を受けるように。

そんな中、歌番組で姉妹アイドルデュオ「ウエハース」として活動する及川真実(桜井玲香)と出会い、互いに惹かれ合う。

だが夢のような日々は、1980年12月8日、ジョン・レノンの射殺を契機にボロボロと崩れ落ち、やがて涼は悪夢と現実の狭間を彷徨い始めるのだった。

出典公式HP

  

  

カーテンコールでハプニング

  

ツイートを引用させていただきました皆様、Thank You!