【櫻井画伯】嵐・櫻井翔が最新作『アマビエ』で新境地 「ちゃんと分かる!」「レベルアップし過ぎで寂しさすら感じる」

櫻井翔が、8月10日の「news zero」で新作の絵を発表した。

大胆なタッチと世界観で、ファンから“画伯”と呼ばれている櫻井だが、最新作では新境地を開拓。ネット上には、「上達してる!」「レベルアップしすぎで寂しさすら感じる(笑)」などの反響が続々と寄せられた。

櫻井画伯の最新作と、過去の代表作を併せて見てみよう。

最新作『アマビエ』

  

アマビエとは

アマビエは日本に伝わる妖怪で、江戸時代の肥後(熊本)に出現したとされる。
外見は人魚のようで、鳥に似たくちばしが特徴。
「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と言いのこし、海へ消えたとの言い伝えがある。

画像引用:『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)

  

画伯

画伯とは、本来は絵画に長じた人に対する敬称である。

であるが、ネット界隈においては(悪い意味で)常人離れしたセンスの絵画を描く者を皮肉を込めて画伯と呼ぶことが多い。一説には、このように呼び始めた人物はダウンタウンの松本人志であり、画伯第一号は浜田雅功とも言われている。

ニコニコ動画においては、芸術的かつ天才的な感性と画力をもって、常人には描けないような絵画を表現した作品にこのタグが付けられる。

■ 著名な画伯

石田純一

草彅剛

櫻井翔

中居正広

はいだしょうこ

浜田雅功

藤咲かりん/miko

ばくはげ画伯

三峯徹

野久保直樹

田辺誠一

藤田綾

中村太地 

引用:ニコニコ大辞典

  

著名な画伯として紹介される櫻井翔さん (;Д;)

  

  

櫻井画伯の新境地にファン驚愕!

  

ツイートを引用させていただきました皆様、Thank You!