『滝沢歌舞伎ZERO 2021』や『シアタークリエ』が公演を再開!一方で『月とシネマ』大阪公演中止など地域による対応差浮き彫りに

『滝沢歌舞伎ZERO 2021』と『ジャニーズ銀座2021 TOKYO EXPERIENCE』(シアタークリエ公演)が、5月12日より公演を再開する。

・『滝沢歌舞伎ZERO 2021』

enbujo20210509-02.pdf (shochiku.co.jp)

・『ジャニーズ銀座2021 TOKYO EXPERIENCE』

5月演劇公演の実施について (tohostage.com)

開催に至った背景

5月7日、緊急事態宣言延長が発表されたが、休業要請緩和が盛り込まれていた為、開催に舵を切ったと思われる。

内閣官房コロナ室「基本的対処方針に基づく催物の開催制限、 施設の使用制限等に係る留意事項等について」(5月7日付)

5月10日までに発売されたチケット分に関しては、キャパシティーの50%超過分もキャンセル不要とされています。

『滝沢歌舞伎ZERO 2021』を主催する松竹は、休演していた東京・銀座の歌舞伎座『五月大歌舞伎』も12日から開幕。

歌舞伎俳優、中村勘九郎らが東京・渋谷のシアターコクーンで上演するコクーン歌舞伎『夏祭浪花鑑』(Bunkamura主催)、TOKIO・松岡昌宏らが出演する東京・新国立劇場の舞台『東京ゴッドファーザーズ』(新国立劇場主催)も同日から幕を開ける。

  

  

感染拡大が深刻な関西は慎重な対応

緊急事態宣言の延長に伴い、なにわ男子・藤原丈一郎が出演する舞台『月とシネマ ―The Film on the Moon Cinema―』は、大阪府からの要請を受け、大阪公演(5月12日~16日)を中止。

京都・南座『舟木一夫シアターコンサート2021』(5月23日~25日)や大阪・フェスティバルホールの葵わかな主演ミュージカル『The PROM』」も全日程中止を余儀なくされている。

『滝沢歌舞伎ZERO』の御園座公演は?